「鶴亀横丁の風来坊提灯斬り」鳥羽亮著

公開日: 更新日:

 御家人の次男坊の彦十郎は、浅草西仲町の鶴亀横丁にある口入れ屋「増冨屋」に居候の身。ある朝、元岡っ引きの猪七が、下駄屋の一人娘おはつがいなくなり、横丁で騒ぎになっていると告げに来る。

 おはつは、手習所の帰り道に男に連れ去られたらしい。彦十郎は、彼が裏の仕事を請け負っていることを知る手習所の師匠の娘・おあきに依頼され、猪七や牢人の神崎らとおはつの行方を捜し始める。聞き込みを進めると、おはつを連れ去ったのは、女郎屋の吉松屋に出入りする女衒(ぜげん)の辰造と思われた。しかし監禁されている場所がつかめない。そんな中、横丁の古着屋の娘・おうめまで姿を消してしまう。

 神道無念流の使い手である彦十郎を主人公にした剣豪ミステリー人気シリーズ最新刊。

(講談社 610円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る