「殺意の証 警視庁捜査一課・田島慎吾」梶永正史著

公開日: 更新日:

 深夜、戸越銀座商店街近くの路地で女性が殺された。通り魔による犯行と思われ捜査が進む中、警視庁捜査1課の田島は参事官の原田から捜査の本筋とははずれた特命を受ける。現場に落ちていた、被害者か犯人か持ち主の分からぬネコのキャラクター「ケムクラジャー」のストラップについて調べろというのだ。

 田島は、後輩の恵美を伴いキャラクターのデザイン会社を訪ねるが、収穫はない。

 そんな中、荒川の河川敷で女性の他殺体が見つかり、現場にケムクラジャーのヌイグルミが置かれていたことから、連続殺人事件として捜査が始まる。

 きちょうめんで課内で浮いた存在の田島と天然系帰国子女女刑事・恵美のコンビによる警察エンタメ。

 (講談社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

もっと見る

人気キーワード