「キネマ旬報物語」掛尾良夫著

公開日: 更新日:

 墨田区にある東京高工(現在、東京工業大学)の生徒、田村幸彦は外国映画のファンで、いつも外国映画雑誌を持っていた。同級生の田中三郎はそれを借りて読んでいたが、やがて2人は浅草六区の映画常設館、電気館に足しげく通うようになる。田村は「沼の少女」という映画に出演したマートル・ゴンザレスに初めてファンレターを書き、それ以来、外国のスターにファンレターを送るようになる。スターたちは自分のポートレートにサインをして送ってくれたので、2人は音楽部の仲間を誘って、ブロマイドの版権販売を始める。そして活動写真の将来に役立つ雑誌が欲しいと考え、1919年に「キネマ旬報」を創刊する。

 創刊100年を迎えた「キネマ旬報」の歴史を紹介する。

(愛育出版 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

もっと見る

人気キーワード