「小松とうさちゃん」絲山秋子著

公開日: 更新日:

 蓄電会社に勤務する宇佐美は、出張中もネットゲームのことが頭を離れない。40歳を過ぎて、まさかゲームにハマるとは思ってもみなかった。チームの「盟主」を務める宇佐美は、会議の合間にもログインして、仲間に指示を飛ばす。

 一方、大学の非常勤講師の小松は新潟に向かう新幹線でみどりという女性と知り合う。2人とも同じ52歳で話が合い、これまで独身だった小松は、彼女への思いを募らせていく。小松の思いに気付いた飲み仲間の宇佐美は、奥手の小松を放っておけず、あれこれとアドバイスする。バツイチのみどりも小松に好意を抱いていたが、彼女には小松に打ち明けていない秘密があった。(表題作)

 中年男性2人を主人公にしたこの表題作の他、2編を収録した作品集。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る