「小松とうさちゃん」絲山秋子著

公開日: 更新日:

 蓄電会社に勤務する宇佐美は、出張中もネットゲームのことが頭を離れない。40歳を過ぎて、まさかゲームにハマるとは思ってもみなかった。チームの「盟主」を務める宇佐美は、会議の合間にもログインして、仲間に指示を飛ばす。

 一方、大学の非常勤講師の小松は新潟に向かう新幹線でみどりという女性と知り合う。2人とも同じ52歳で話が合い、これまで独身だった小松は、彼女への思いを募らせていく。小松の思いに気付いた飲み仲間の宇佐美は、奥手の小松を放っておけず、あれこれとアドバイスする。バツイチのみどりも小松に好意を抱いていたが、彼女には小松に打ち明けていない秘密があった。(表題作)

 中年男性2人を主人公にしたこの表題作の他、2編を収録した作品集。

(河出書房新社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る

人気キーワード