「農村ガール!」上野遊著

公開日: 更新日:

 高齢化による後継者不足の猟師の世界だが、ここにきて「狩りガール」と呼ばれる女性猟師の数が増えているという。鳥獣害による農作物の被害は深刻で、その対策のひとつとしてシカやイノシシの肉を使うジビエ料理が期待されており、そうした風潮も女性猟師が増えている要因にもなっているそうだ。本書の主人公も、ひょんなきっかけから「狩りガール」になってしまう。

【あらすじ】大神華は大学時代に西麻布のレストランで食事をし、自分もこんなところで働きたいと思う。しかし、料理の才能はからっきし。そこで考えたのが、レストランへ食材を供給する会社への就職だった。

 レストランやホテルへ高級食材の納入を担当する営業部への配属が決まり念願かなったかに思ったが、勤務地は秋田営業所だった。

 かくして山奥の鷹山町へやってきたが、赴任初日に熊と遭遇。危ういところを若い大男に助けられる。出社すると、くだんの大男がいる。華の指導係の本城猛だった。華に命じられた仕事は害獣駆除。お得意の農家の作物を守るため、会社自ら駆除の協力をするという。

 猛の指導の下、華は狩猟免許獲得のために猛勉強し、折あれば山に登って実地訓練だが、猛は「女なんかには無理だ」という態度をあからさまに、容赦なくきつい仕事を命じてくる。だが、剣道部で鍛え上げられた華は根性だけは誰にも負けない。必死についていき、見事免許を取得する。そこへ、鷹山町の観光果樹園に熊が侵入したとの知らせが飛び込んでくる……。

【読みどころ】敏腕キャリアウーマンを目指していたはずが、現実は泥まみれで危険な猟師。それでも豊かな自然に囲まれて暮らすうちに仕事に対する考えが変わり、命に向き合うことの意味を知る。ひと味違ったお仕事小説。 <石>

(KADOKAWA 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る

人気キーワード