家田荘子(作家・僧侶)

公開日: 更新日:

1月×日、年明けは毎年4日間、深夜の海に入って水行をし、災害が起こらぬよう、1日も早い復興と、人々の穏やかな生活とを祈願させて貰う。山岳行者で高野山の僧侶なので、20年間年中、深夜の海で一人行を続けている。寒さや冷たさと、深夜の孤独行の怖さに慣れることは決してない。

 命賭けの水行をしているので、昼間はカフェで読書して楽しくすごす。黒川博行さんの「果鋭」(幻冬舎 800円+税)は、何度も何度も私を笑わせてくれる。

 私は、黒川さんが「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞を受賞されたときからの熱心な読者だ。「疫病神」シリーズもドキドキ楽しませてくれるが、「元大阪府警マル暴のおっさんペア」堀内・伊達シリーズの方が、もっと私に元気と笑いをくれる。

 とはいえ内容は、警察世界やパチンコ業界など、綿密な取材に基づく大まじめ作品だ。ヤクザが登場して、おっさん2人は、突いたり刺されたり、さらったり撃たれたりと命賭けだ。シリーズ2作目「繚乱」は、堀内が刺された所で終わっている。「果鋭」で判ったことだが、三途の川を渡りかけたそうだ。しかも座骨神経損傷で堀内は杖が必要になった。

 なのにおっさん2人は、動きが早い。マメにあちこち人に会いに行く。そして、よく食べてよく飲む。伊達の頭の中には「京阪神うまいもんマップ」があるそうだ。もう1つ、実によく吸う。嫌煙家の私は「おっさん、吸いすぎや」と、度々叱りたくなる。

 東京大阪と二重暮らしをしている私にとって2人の会話は、その辺の「大阪のおっさん」と変わりない。でもその危なくて粋な会話こそが、作品を華やかに盛り上げている。黒川さんは、科白を声に出して書かれるそうで、まさに会話が生きている。2人の会話から、山一抗争のさ中、「極道の妻たち」の取材で訪れた大阪府警の「マル暴おっさんたち」が重なり、懐かしくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る