新井素子(作家)

公開日: 更新日:

1月×日 今年は岡山でお正月。うちの夫が去年還暦を迎えたので。還暦になると、何故か同窓会ってやりだすよね。で、岡山の場合(遠いから)大体みんなが帰省しているお正月にってことになる。

 ただ……私にはやることがない。で、30何年かぶりに、1月2日から開館している倉敷の大原美術館に行ってみた。懐かしい絵にも沢山会えたし、音声ガイドも充実。

 岡山は遠い。5冊くらい本を持っていったんだけど、穂波了著「月の落とし子」(早川書房 1800円+税)が、よかったあっ。月面で宇宙飛行士が突然死ぬ。遺体をみる限り、感染性の病気で亡くなったとしか思えない。でも、現場は月。当たり前だけど、ずっと宇宙服着てるんだよ? この状況で病気に感染するって、どうやって、てな謎から始まって、どうしても仲間の遺体を地球へ連れて帰りたい宇宙飛行士、できればそんなもの自国にいれたくない政府、そして起きる事故、結果発生するパンデミック。非情としか思えない封鎖作戦。ラストあたり、ほんとに泣けます。好きだ。
1月×日 旦那が旧友とお酒呑んでる間、私は倉敷美観地区を観光。観光地なら当たり前だって言われるかも知れないけれど、店員さん達がみんな親切でフレンドリー。ただ、私は買い物苦手なんで、結局、あっちこっちで本読んでた。

 吉川英梨著「正義の翼」(KADOKAWA 720円+税)、楽しかった。これ、警察学校を舞台にしたシリーズ物の4作目なんだけれど、警察学校の中だけに留まらず、外の事件と毎回リンクしちゃうんだよね。その上、青春ものでもあって、成長物語。

 学校が舞台なら青春もので成長物語って当然のような気がするが、なんと、教官や同僚の人々なんていう、いい年したひとまでみんな、青春味わって成長するの。

 今回は、事件の性質上、全然明るくなくほのぼのしなかったんだけれど、基本、お正月にはこういう前向きな人々のお話を読むの、いい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る