新井素子(作家)

公開日: 更新日:

1月×日 今年は岡山でお正月。うちの夫が去年還暦を迎えたので。還暦になると、何故か同窓会ってやりだすよね。で、岡山の場合(遠いから)大体みんなが帰省しているお正月にってことになる。

 ただ……私にはやることがない。で、30何年かぶりに、1月2日から開館している倉敷の大原美術館に行ってみた。懐かしい絵にも沢山会えたし、音声ガイドも充実。

 岡山は遠い。5冊くらい本を持っていったんだけど、穂波了著「月の落とし子」(早川書房 1800円+税)が、よかったあっ。月面で宇宙飛行士が突然死ぬ。遺体をみる限り、感染性の病気で亡くなったとしか思えない。でも、現場は月。当たり前だけど、ずっと宇宙服着てるんだよ? この状況で病気に感染するって、どうやって、てな謎から始まって、どうしても仲間の遺体を地球へ連れて帰りたい宇宙飛行士、できればそんなもの自国にいれたくない政府、そして起きる事故、結果発生するパンデミック。非情としか思えない封鎖作戦。ラストあたり、ほんとに泣けます。好きだ。
1月×日 旦那が旧友とお酒呑んでる間、私は倉敷美観地区を観光。観光地なら当たり前だって言われるかも知れないけれど、店員さん達がみんな親切でフレンドリー。ただ、私は買い物苦手なんで、結局、あっちこっちで本読んでた。

 吉川英梨著「正義の翼」(KADOKAWA 720円+税)、楽しかった。これ、警察学校を舞台にしたシリーズ物の4作目なんだけれど、警察学校の中だけに留まらず、外の事件と毎回リンクしちゃうんだよね。その上、青春ものでもあって、成長物語。

 学校が舞台なら青春もので成長物語って当然のような気がするが、なんと、教官や同僚の人々なんていう、いい年したひとまでみんな、青春味わって成長するの。

 今回は、事件の性質上、全然明るくなくほのぼのしなかったんだけれど、基本、お正月にはこういう前向きな人々のお話を読むの、いい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る

人気キーワード