小澤紀美子(東京学芸大学名誉教授)

公開日: 更新日:

10月×日 北京の大学の友人から突然のメール。11月初旬中国武漢で開催される自然教育大会への招へい。

 20世紀の終わり現職の大学教員として北京の大学と環境教育の共同研究を開始し、その後の中国との交流は広がり、北京での2週間近くの集中講義(日本語で)にまで発展した。

 かつて中国の大学ホテルのTVは日本のNHKの番組を流していたので、日本のニュースを知ることができていた。しかし今や日本の番組は放映されていない。でも、中国の学生はしっかりとパソコンで日本の情報を得て大好きな日本のアニメを常時観ている。

 今回の訪中で、1人っ子政策のその後を知りたくて、袁静著「中国『草食セレブ』はなぜ日本が好きか」(日本経済新聞出版社 850円)を入手。イッセイミヤケを着こなす若い男性、かわいいファッションの女の子。文化革命を知らない日本で買い物の20代、30代の富裕層が増えているらしい。

 一番驚いたことは、大会参加者が1300人で、名札のQRコードで受付し、すべてスマホ決済。印刷物の配布は全くない。参加者の大半は大会プログラムをスマホでチェック。もちろんアリババ財団からの補助金を得ての大会運営で、お金を使う場面は全くなし。

 中国の大学が所有するホテルに宿泊して、学外へ出ることなく、1日中、巨大な大学構内で過ごせる環境。でもトイレには気を使って過ごしていた。ホテルのトイレは西洋式であるが、大会の会場となっている大学の講義棟は中国式でスクワットができる身体でよかったと胸をなでおろす。

 35年前の初訪中時は仲間と建築の視察が目的であったが、北京、蘇州、上海、西安と周り、ニーハオトイレに往生したが、中国は目下、トイレ革命進行中。ジャック・シム著「トイレは世界を救う」(PHP新書 880円)によれば、『トイレ革命』が観光価値を高め、集客につながると中国観光局がトイレの基準を設定しているという。

 80年代後半から日本で仲間と公衆トイレ改善の運動を行っていたことを懐かしむ中国への旅となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    鈴木亮平「レンアイ漫画家」はドラマ化に不向きだった?

  10. 10

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

もっと見る

人気キーワード