茂木健一郎(作家・脳科学者)

公開日: 更新日:

12月×日 研究室の忘年会の前のゼミ。学生やOBたちと、最新の脳科学の論文を読む。小俣くんと話していて、最近は社会の「格差」や「平等」に興味があるというから、ちょうど読み終わった「資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐」(集英社 980円)を差し上げた。マルクス・ガブリエル、マイケル・ハート、ポール・メイソンという思想界のスターたちに、日本の俊英、斎藤幸平さんが向き合う。斎藤さんが全く対等に話しているのが良い。グローバル化した世界における日本発の出版の一つのあり方だろう。紙の本は、読み終わるとこうやって人に回したりできるところがやはり良い。
12月×日 担当しているラジオ番組の収録も「年末進行」。ゲストにデザイナーの奥山清行さんがいらしてくださった。フェラーリからJR東日本の豪華列車「四季島」まで、奥山さんのデザインは世界レベルで見てトップオブトップだ。そんな奥山さんの哲学がたっぷり詰まった「ビジネスの武器としての『デザイン』」(祥伝社 1600円)は日本のこれからを考える上での必読書。資源のない日本が発展するためには、日本の良さを活かすデザインの力が不可欠。その「デザイン」の本質を世間は誤解していると奥山さんは言う。
12月×日 寒さも本格化してきたけれども、東京マラソンへの出場予定もあるから、毎朝の走り込みは欠かせない。東京オリンピックも近づいてきた。アスリートたちの熱い闘いを間近に見られると思うと、わくわくする。私のランニングはへなちょこだが、走ってアスリートたちを応援したい気持ちにもなる。為末大さんの「生き抜くチカラ ボクがキミに伝えたい50のことば」(日本図書センター 1300円)は、400メートルハードルでメダルを獲得し、未だに日本記録保持者の卓越したアスリートの深い洞察が満載されている。子ども向けの本だけれども、大人が読んでも面白い。
1月×日 年が改まって、気が引き締まる。今年もたくさんの面白い本と出会いたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る

人気キーワード