上田恵介(日本野鳥の会会長 立教大学名誉教授)

公開日: 更新日:

11月×日 晴れ渡ってはいるが肌寒い晩秋の朝。窓の外から「ヒッヒッ」という声が聞こえてくる。遠くシベリアから渡ってきた小鳥のジョウビタキの声である。

 今日は出かける用事もないので、埼玉在住のアマチュア鳥類研究者、内田博が地元の出版社から出した「日本産鳥類の卵と巣」(まつやま書房 2500円+税)のページをめくっている。タイトル通り、鳥の卵と巣のきれいな写真図鑑である。鳥の卵は美しい。青い卵、赤い卵、いろんな色の鳥の卵の写真は見ているだけで楽しくなる。著者が実際に野外で観察した面白いトピックのエッセーが随所に挿入されており、鳥の生態についての著者の深い洞察があって、鳥類学の専門家としても役に立つ、楽しい本に仕上がっている。

11月×日 近所の公民館であったメガソーラーの講演会に出かけた。そこで以前、一緒に自治会の役員をしていた女性に久しぶりにあった。彼女は今、北海道で大学の先生をしているのだが、最近、こんな本を書いたと言って1冊の本をくれた。それは北海道における先住民族アイヌと朝鮮人の接触の歴史を辿った本、石純姫著「朝鮮人とアイヌ民族の歴史的つながり」(寿郎社 2200円+税)である。

 炭鉱や鉄道工事のために北海道に連れてこられた朝鮮人たちは、過酷な労働と迫害に耐えかねて、工事現場のタコ部屋から逃げ出すことも多々あった。捕まれば壮絶な拷問が待っている。この逃亡朝鮮人を積極的にかくまってくれたのはアイヌの人たちであるという。自分たちもひどい差別に苦しんでいたアイヌゆえ、彼らは逃げてきた朝鮮人を納屋にかくまい、食事や服を与え、逃げるための鉄道切符まで買ってやって、逃亡を手助けした。

 差別されてきた者には、弱い者の苦しみがわかるのだ。アイヌ人差別と朝鮮人差別、アイヌと朝鮮人という日本社会におけるマイノリティーに光を当て、戦前の入り組んだ差別構造をあぶり出したこれまでにない書である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード