「介護殺人」毎日新聞大阪社会部取材班著

公開日: 更新日:

 過酷な介護の果て、愛していたはずの肉親を殺してしまった加害者たちの「その時」を取材した衝撃のノンフィクション。

 2012年、認知症の妻の首を絞め、自らも睡眠薬を飲んだが一命をとりとめた木村茂氏(仮名=75)。定年後、車で各地を旅する2人は自他ともに認めるおしどり夫婦だった。

 しかし、妻の言動が次第におかしくなり、11年に認知症と診断される。症状は悪化の一途をたどり、茂は毎夜、眠らず騒ぐ妻を乗せ、一晩中車を走らせた。限界を感じ施設を探すが、受け入れてくれるところはなく、ついに妻の首をタオルで絞めてしまう。

 その他、事故で寝たきりの母親や、障害者の息子らを殺してしまった加害者の心のうちに迫り、この国の介護、福祉の現状を浮き彫りにする。 (新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード