「埋蔵金発掘課長」室積光著

公開日: 更新日:

 1990年代初頭に始まったテレビの「徳川埋蔵金シリーズ」は10年以上続いた人気番組で、いまでも間欠的に埋蔵金をめぐる番組が登場する。埋蔵金に夢を託すのはバラエティーなら楽しめるが、もし市の財政を立て直すために、役所が本気で取り組んだとしたら……。本書は、そんな奇抜な設定で物語られていく。

【あらすじ】東京の広告会社に勤めていた筒井明彦は50歳で早期退職し、故郷の山口県日照市に戻ってきた。父親が亡くなってからは、近所の道の駅への野菜配送をして気楽な一人暮らしをしていた。

 そこへ高校時代の同級生で日照市役所の秘書課長を務める野村から妙な仕事を頼まれる。近く日照市に会計検査院の検査が入ることになっており、市長の密命で埋蔵金を掘り当てて財政赤字を補填しようというのだ。冗談みたいな話だが、筒井は埋蔵金発掘課長として調査を始める。郷土史家の情報をもとにまずは小学校の裏山から探し始める。

 発掘メンバーは、唯一の市の職員で、周囲の空気が全く読めず常に問題を起こす伊藤、地元の社会人野球チームのエース・石川、そして霊能力のある巫女の妖子という変わり者揃い。妖子の「お告げ」に従い、掘ってみると本当に古銭が出てきて、市長は大喜び。その後、紆余曲折を経て、海軍工廠に眠るお宝の情報にたどり着くが、そこには思わぬ秘密が待ち受けていた……。

【読みどころ】巫女のお告げで埋蔵金を掘り当てようという現実離れした設定ではあるが、後半の戦時中の海軍工廠の話あたりから徐々に物語はシリアスなものへ移行していき、最後は戦中世代の苦い思い出が切々と語られるという、感動的な結末を迎える。このギャップが大きなカタルシスをもたらしてくれる。<石>

(小学館 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード