現実の名建築を借景した“建築映画”

公開日: 更新日:

「コロンバス」

 映画と建築は相性がいい。映画のセットはもともと空想の家や町のようなもので、未完の建築がスクリーン上だけ実現した例もある。来週末に都内封切り予定の「コロンバス」は、逆に現実の名建築を借景した“建築映画”だ。

 古い世代は題名を見てフィリップ・ロスの小説(映画化もされた)「さようならコロンバス」を思い出すかもしれない。しかしあれはオハイオ州コロンバスの話。クリストファー・コロンブスにちなむ同名の町は北米に多数ある。

 今回の舞台はインディアナ州にある人口4万5000人にも満たないスモールタウン。ただし、全米きってのモダン建築の宝庫として知られ、特に名匠サーリネンが手がけた公共建築がいくつも見られる。

 その町で、世代も興味も親との関係も違う男女が出会い、しだいに人生の重大な選択に臨むようになる。小津安二郎の信奉者という監督コゴナダ(小津組の脚本家・野田高悟から採った芸名? だそうだ)は意識的にセリフで多くを説明せず、構図や画面の色彩設計やアップを避ける婉曲的な映像によって、見る者に「悟らせる」ことを意図している。まるでコロンバス版の建築図会集のように、実在する市中の名建築と人物の心情が同期するのだ。

 アジア系の若手男優として腕を上げてきた韓国系のジョン・チョーと高校を出てまもない少女を演じるヘイリー・ルー・リチャードソンの組み合わせも面白く、静かな話ではらはらさせる。いかにもインディーズ作品という臭気が強すぎるものの、純なひたむきさは捨てがたい。

 映画と建築の関わりを論じた本は海外には多い。わけてもドナルド・アルブレヒト著「映画に見る近代建築」(鹿島出版会 2200円+税)は先駆的な業績のひとつ。単なる雑学ではなく、映画という大衆文化が芸術のモダニズムをどう社会に広めたかがわかる好著。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る