画面いっぱいにあふれる新旧のベトナムの女性風俗

公開日: 更新日:

「サイゴン・クチュール」

 1990年代半ば、国交正常化後のベトナムを初めて旅して、20年後に再訪したとき、あまりの違いに言葉を失った。

 かつては60年代の戦火の跡がまだうかがわれた国が、成長著しい東南アジアの都会に変貌し、旧サイゴンはむろん、ハノイも見違えたからだ。

 映画もしかり。国際映画祭を経由して日本にやってくるのは「青いパパイヤの香り」のような文芸映画だとばかり思っていたら、さにあらず。その証明が、来週末封切り予定の「サイゴン・クチュール」である。

 舞台は1969年のサイゴン。老舗の女仕立て師の娘ニュイは、典型的なバカ娘タイプの跡取りお嬢さま。家業を嫌って遊び歩くうちに母親と衝突したあげく、ひょんなことからタイムスリップして現代に来てしまう。そこで目にしたのは没落した実家と老醜をさらす自分自身。あわてたニュイが奔走するうち、彼女は伝統衣装のアオザイの価値と美しさにめざめてゆく……。

 え? ネタバレだろう? いやこの映画、実はストーリーはどうでもいい。といっては何だけれど、画面いっぱいにあふれる新旧さまざまなベトナムの女性風俗を目で楽しむ「おしゃれ図鑑」みたいな映画なのだ。

 とはいえ驚くのはヒロインが69年から50年後の現代までやってくる話であること。要するにベトナム戦争の最悪期をすっ飛ばし、歴史なんかなかったかのように奔放なベトナムの今が描かれているのだ。

 だが、それもあくまで社会の一面。荒神衣美「多層化するベトナム社会」(アジア経済研究所 3600円)はドイモイ後の30年間の社会変動がベトナムをどう変えたかを丹念に観察・分析したベトナム社会階層論。著者はベトナムの農村経済の専門家だけに、表面的な都会の変貌にばかり目を奪われがちな我々の視野に新しい認識をもたらしてくれる。

<生井英考>

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽