「草地は緑に輝いて」アンナ・カヴァン著 安野玲訳

公開日: 更新日:

「わたし」は旅先でいつも不思議な草地に出合う。その草地は必ず斜面にあり、まぶしいほど輝く草が茂っている。その緑の壁に沿って、半裸の人間が滑車に通したロープで吊るされている。何かの刑罰のように見えるが、通りかかった町の人の説明によると、彼らは草刈りをしているのだという。草刈り人は最下層出身で、使い捨てにされるのだ。

「わたし」が草地を見上げて立ち尽くしていると、周囲に闇が集ってきて、家々の輪郭も見えなくなってきた。ところが、闇の前進は草地の手前でピタリと止まった。あの草の燃えさかる緑が、全力で闇の行く手を阻んでいる。

 奇妙な世界を描く、本邦初訳の短編集。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る

人気キーワード