「草地は緑に輝いて」アンナ・カヴァン著 安野玲訳

公開日: 更新日:

「わたし」は旅先でいつも不思議な草地に出合う。その草地は必ず斜面にあり、まぶしいほど輝く草が茂っている。その緑の壁に沿って、半裸の人間が滑車に通したロープで吊るされている。何かの刑罰のように見えるが、通りかかった町の人の説明によると、彼らは草刈りをしているのだという。草刈り人は最下層出身で、使い捨てにされるのだ。

「わたし」が草地を見上げて立ち尽くしていると、周囲に闇が集ってきて、家々の輪郭も見えなくなってきた。ところが、闇の前進は草地の手前でピタリと止まった。あの草の燃えさかる緑が、全力で闇の行く手を阻んでいる。

 奇妙な世界を描く、本邦初訳の短編集。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る