「ガラスの虎たち」トニ・ヒル著 村岡直子訳

公開日: 更新日:

 1978年12月15日の夜、スペイン・バルセロナの「ラ・サテリア」と呼ばれる貧困地区で14歳のホアキンの遺体が見つかる。37年後、義父が営むホテルチェーンで働くビクトルは、支配人として故郷のバルセロナのホテルに単身赴任する。ビクトルは、駐車場の警備員の面接で少年時代の親友・フアンペと再会する。

 経済危機で職を失ったフアンペは、ラ・サテリアの実家に戻ってきたという。以後、フアンペから何度も連絡が入るが、ビクトルは彼と再び会う気になれない。しかし、断り切れずにある夜、意を決して彼の家を訪ねると、フアンペは案の定、37年前のあの事件の夜のことを持ち出してきた。

 いじめや家庭内暴力、虐待、貧困など現代の病理を通奏低音に描くスペイン発長編ミステリー。

(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る