「ブルックリン・フォリーズ」ポール・オースター著 柴田元幸訳

公開日: 更新日:

 元保険会社の外交員・ネイサンは、死に場所を求め、幼少期を過ごしたニューヨークのブルックリンにアパートを借り転居する。肺がんの治療には成功したが、仕事を失い、妻とは離婚、生きる気力を失っていた。おまけに元来の気難しい性格が災いして、友人もなく、一人娘との関係も絶望的だ。ダイナーとレンタルビデオ屋、そして古本屋に通う日々を過ごしていたある日、その古本屋で7年ぶりに甥のトムと再会する。

 文学を研究して大学院に進学したトムは、なぜかタクシー運転手を経て古本屋の店員になっていた。以来、トムと昼食を共にするようになったネイサンは、彼から古本屋の店主ハリーの驚くような過去を聞く。

 ブルックリンで暮らすさまざまな人の人生を描く家族再生の物語。

(新潮社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る