「お局美智 経理女子の特命調査」明日乃著

公開日: 更新日:

 横領事件の理由には、金銭にまつわるトラブルの他に日本企業特有の家族主義的な価値観も一因と指摘されている。職場を家庭の延長のように思って横領も親の財布からくすねる程度の感覚で、あまり罪悪感を持たないというのだ。

 本書に登場する横領を犯した経理課長はこう不平を述べる。「役員たちは会社の金を自分のもののように使い、社員は受注のノルマや経費削減でヒーヒー言っている」と。これは、親だけいい目を見て子供だけが損をしていると言い換えられる。そんな甘えに主人公は、「そんなことは、今に始まったことではないじゃありませんか」と切って捨てる。

【あらすじ】佐久間美智は中堅企業NOMURA建設の経理課に勤める入社18年のベテラン。陰では“お局美智”と呼ばれているが、彼女には誰も知らない秘密があった。

 先代の社長が会長に退く際に、手だれの役員たちから新任社長の息子を守るため、会社支給のモバイル端末に盗聴機能を仕込んだ。その情報チェック係として美智が特命を帯び、以降、クラウド上の音声ファイルにアクセスして、情報をチェックするのが美智の日課となる。

 美智の耳には、社内不倫、横領、事故隠しといった数々の問題が飛び込んでくる。見て見ぬふりもできるが、自分の居場所たるこの会社の危急存亡に関わる不祥事が起きれば、なんとしても未然に回避しなければならない。美智はとっておきの「情報」を武器に、果敢に難問に乗り出していく……。

【読みどころ】社内盗聴といい、一介の社員がスーパーヒロインとして活躍することといい、いささか現実離れした設定だが、取り上げられている問題はいずれもリアル。情報管理の大切さを教えてくれる。      <石>

(文藝春秋 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード