「隣のずこずこ」柿村将彦著

公開日: 更新日:

 5月の連休中、自宅にいた中学3年のはじめは、同級生の綾子に呼び出される。何でも、はじめらが住む矢喜原の集落に昔から伝わる権三郎狸(たぬき)が出たというのだ。当の狸はあかりという女性と待田旅館に滞在中だという。

 同級生の森田も加わり、待田旅館に行くと、確かに信楽焼の狸そっくりの権三郎狸があかりとお茶を飲んでいた。

 はじめが祖父から聞いた昔話は、矢喜原に美しい女性が現れ、住人たちと親しくなった後に姿を消す。その後、女を捜して権三郎狸が現れ、村人たちを一人残らず丸のみにして、村を焼き払うという内容だった。

 あかりに確かめると、1カ月後に権三郎狸は本当に昔話通りの行動を起こすはずだという。

 1カ月後に消滅を控えた村を舞台に描くディストピアファンタジー。 

(新潮社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード