「ルリユール」村山早紀著

公開日: 更新日:

 村上龍の「13歳のハローワーク」は、中高生の時期から自分が将来なりたい職業を考えようというもの。その公式HPには人気職業ランキングが掲載されている。1位プロスポーツ選手、2位ゲームクリエーター、3位保育士、4位看護師、5位薬剤師といった具合だ。

 本書の主人公、13歳の少女、瑠璃がなりたいのはルリユール職人。本の修復やオーダーメードの装丁を手がける職人。職業としてはマイナーであるから、先のベスト100にも入っていない。しかし、なにより本が大好きな瑠璃にとって、憧れの職業なのだ。

【あらすじ】8月も半ば近くの日曜日の午後、瑠璃は久しぶりに小さな食堂を経営している祖母の住む町にやってきた。母の妹である叔母が亡くなり、法事を行うのだ。両親も高校生の姉も忙しくて、先に瑠璃だけやって来た。しかし、祖母が経営する小さな食堂をのぞいても誰もいない。前日、階段から落ちて骨折し、近所の病院に入院していたのだ。

 ひょんなことからひと夏を祖母の町で暮らすことになった瑠璃は、そこで不思議な人物に出会う。おとぎ話に出てくるような古びた洋館に住む、赤毛のクラウディアだ。彼女は黒猫工房のルリユール職人で、彼女に頼めばどんな傷んだ本でも魔法のように蘇らせるという。噂を頼りにやって来た人たちの本を見事に修復するのを目の当たりにした瑠璃は、クラウディアに弟子入りを志願する。本が好きで手先の器用な瑠璃は、ルリユールの技術を習得していくが、クラウディアにはある秘密が隠されていた……。

【読みどころ】瑠璃もまた秘密を抱えているのだが、本を修復していくうちに自らの心の傷も修復されていく。心温まるファンタジー。 <石>

(ポプラ社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る