「旅ごころはリュートに乗って」星野博美著

公開日: 更新日:

 リュートは洋梨を縦に割ったような、丸っこい形をした複弦の撥弦楽器。ルネサンス期には「楽器の女王」と呼ばれ、ヨーロッパ各地で愛好された。天正遣欧使節について調べているうちに、日本に戻った同使節が豊臣秀吉の前でリュートの演奏を披露したという記述に触れた著者は、リュートという楽器に魅せられ自ら習い始める。そこから生まれたのが日本のキリシタン史をたどった「みんな彗星を見ていた」で、本書はその続編に当たる。

 フェルメールをはじめとする西洋絵画に描かれるリュートの話を導入として、実際の演奏の話へ移り、調弦の難しさ、タブラチュアという奏譜の読み方などが紹介される。レッスンの当初は、17世紀のイタリアやイングランドの楽曲を演奏することが多かったのだが、次第にスペインに対する興味が高じ、演奏したい曲も中世へ移行する。

 そこで出合ったのが中世スペインで巡礼者たちが歌った曲が収録されている「モンセラートの朱い本」と聖母マリアを賛美する「聖母マリアのカンティガ」という歌集。その時代の曲となるとリュート講師の手には負えず、結局演奏技術の上達は諦め、独学で好きな曲を弾くという方向へ転換していくことになる。

「カンティガ」を編纂(へんさん)させたのはカスティーリャの「賢王」アルフォンソ10世で、その時代のイベリア半島ではキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒の3教徒が共生していたとされている。折しも、ISなどのイスラム教徒によるテロが頻発していたときにこれを知った著者は、「カンティガ」の世界へ深く入り込んでいく。しかし、そこに歌われている歌詞の内容を見ていくと、理想的な共生の世界というイメージは崩れ、苛烈なユダヤ人差別が歌い込まれていることを知る……。

 当初のリュートを弾くという目的から徐々に離れ、最後日本のキリシタンの殉教伝に行き着くまでと次々と新たな問題を見いだしていく。この著者の旺盛な好奇心に引っ張られながら、読む者は不可思議なタイムトラベルへといざなわれていく。 <狸>

(平凡社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード