「ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人」東野圭吾著

公開日: 更新日:

 月曜日の午後、神尾真世に警察から電話があった。父の英一が自宅の庭で倒れているのが発見されたという。真世の同級生で英一の教え子だった原口浩平が同窓会のことで訪ねてきて、段ボールの山の下に隠されていた死体に気づいたのだ。

 遺体確認のために故郷に帰った真世は、宿の壁に「幻ラビ・ハウス建設決定!」のポスターが張られているのに気づいた。同級生で漫画家になった釘宮克樹の「幻脳ラビリンス」が大ブームを巻き起こし、その主人公の家を地元に再現する計画があったのだが、コロナ騒ぎで中止になった。釘宮はあまり目立たない少年だったのだが……。

 町おこしをもくろむ平凡な温泉地で起きた殺人事件をめぐるミステリー。

(光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード