「言葉を離れる」横尾忠則著

公開日: 更新日:

 美術界の巨匠によるエッセー集。

 古希を迎える前後、集中して読んだ中野孝次がその著作の一冊で、少年時代から読書の悦楽に耽(ふけ)り、読書の魔に取りつかれたような日々を回顧し、読書の喜びを与えてくれた「運命」に感謝していた。対する著者は、10代の終わりまで約20年間、読書とは無縁の少年時代を送ってきた。中野も自分も本が一冊もないような家庭に育ちながら、なぜこのような違いがあるのか。「宿命に気づく時」と題された一文では、自分に読書の興味と機会を与えてくれなかった「運命の謎」を探る。ほかにも、加齢とともに「ぼくの中の言葉の量が日増しに失われていく」のを実感しながらつづった表題作など、19編を収録した講談社エッセイ賞受賞作。

(講談社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る

人気キーワード