「不寛容論」森本あんり著

公開日: 更新日:

 ボルテールは「わたしはあなたの意見に反対だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」と言った。日本人は宗教的には極めて不寛容で、中国、インド、アメリカ、ブラジル、パキスタンを指標とした調査では「他宗教の信者を信頼する」人の割合は中国に次いで最下位のひとつ上、「他宗教の信者も道徳的」と考える人の割合は最下位だった。「他宗教の信者と隣人になりたくない」人は6カ国で最多だった。

 一方、17世紀に「寛容論」を唱えたロジャー・ウィリアムズは、史上初の政教分離社会を建設し、イスラムなどあらゆる宗教への寛容を論じた。

 コロナ禍で「自粛警察」などが跋扈(ばっこ)する今、読むべき一冊。

(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

もっと見る

人気キーワード