「マスクは踊る」東海林さだお著

公開日: 更新日:

 東海林はマスクが嫌いだったが、今回初めてつけてみて、世捨て人の心境になった。最近のマスクは大きくなっているので、見えている目だけでその人の内実を判断しなければならない。

 俳優は表情を商売にしているので、全神経を顔に集中させる。演技に用いられるのは、目の周辺の筋肉と口の周りの筋肉だ。シナリオに「悲しみをこらえたつくり笑い」とあり、そのあとに「つくり笑いを恥じてはにかむ」と書いてある。顔面の筋肉群で「はにかむ」を担当する部署はあるのか。コロナの時代がドラマ化されたとき、俳優はマスクをしたまま「はにかむ」をどう表現するのか。(「マスクと人間」)

 軽妙なエッセーと、おなじみ「タンマ君」傑作選を収録。

(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

もっと見る

人気キーワード