「空気が読めなくてもそれでいい。」水島広子・細川貂々著

公開日: 更新日:

 漫画家の細川貂々は、ずっと生きづらさを抱えていた。日頃「どうしてフツーのことができないの?」と言われていたのだ。だが、47歳のとき、精神科医の水島広子と出会い、「そういう自分を『それでいい』って認めないといつまで経っても前に進めませんよ」と言われ、「自分を認める練習」を始める。

 ペーパーテストで「非定型」という結果が出た。世の中の大半の人は「定型」で、10%が「発達障害」、その中間が「非定型」だ。人がいいかげんなことをやっていても、定型の人にはそれは暗黙の了解だったりするのに、非定型の人は真面目に怒ったりする。

 真面目で空気が読めない人が、もっと気楽に生きるためのアドバイス。

(創元社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る

人気キーワード