「オンラインでも好かれる人・信頼される人の話し方」桑野麻衣著

公開日: 更新日:

 コロナ禍で、テレワークやリモートワークを導入する職場が増えてきた。オンライン作業では日本人が得意な「空気を読むこと」が難しいので、「多くを語らずとも、相手に察してほしい」という気持ちを捨てなくてはいけない。

 オンラインの会議や打ち合わせではファシリテーター(進行役)が重要で、著者は「ステップ1一体感のある場作り(発散)」や、「ステップ2ゴールに向かって導く(収束)」という2ステップで進めていくことを勧める。「傍観者」になりがちなメンバーを「参加者」として巻き込み、彼らにゴールを明確に示すことが必要なのだ。ANAやオリエンタルランドで顧客サービスに携わった著者の実践的アドバイス。

(クロスメディア・パブリッシング 1518円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  3. 3

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  4. 4

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  5. 5

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  6. 6

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

もっと見る

人気キーワード