「一緒にお墓に入ろう」江上剛著

公開日: 更新日:

 大手銀行の常務取締役執行役員の大谷俊哉は、63歳の誕生日を愛人の麗子に祝ってもらう。食事の席で、役員会議で話題になった墓の話を持ち出すと、麗子は俊哉と同じ墓に入りたいと言い出す。

 深夜、自宅に戻った俊哉に郷里の母・澄江の危篤の知らせが入る。澄江は俊哉の妻・小百合に「お墓を頼む」と言い残し、亡くなる。

 葬式後、俊哉は妹から大谷家の墓の件で問い詰められるが、話し合いは平行線。隣町に嫁いだ妹は、相続放棄をして実家の土地財産を譲るよう俊哉に迫るが、実家の墓を守るつもりはないようだ。郷里を出て久しい俊哉には、実家にも、墓を守ることにも関心はない。

 一方の小百合は澄江とも、俊哉とも同じ墓に入る気はない。墓をめぐる人間模様をユーモラスに描く終活小説。

(講談社 946円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

もっと見る

人気キーワード