「かぐわしき 植物たちの秘密」田中修、丹治邦和著

公開日: 更新日:

 3度目の緊急事態宣言が出ている現在、道行く人のほぼ100%がマスクをつけている。新緑のこの季節、マスクのせいで若葉の香りを嗅ぐことができないのはなんとも残念。動くことのできない植物は、香りを使って虫たちを誘い込んで交配を促し、カビや病原菌から自らのからだを守り、さらには仲間たちとのコミュニケーションも図っているという。

 本書は、そんな植物たちの香りに潜むさまざまな秘密を解き明かしている。

 本書の特徴は、医学的な研究や疫学的な調査など科学的に裏付けられた結果をもとに、植物おのおのの効用を明らかにしていること。ラットの実験で、グレープフルーツの香りを嗅がせたグループとそうではないグループとでは、嗅いだグループの方が10%体重が減り、ダイエットの効果が証明された。また中年女性が、バナナ、ブロッコリー、ラベンダーなどいくつかの香りを身につけて男性の前に現れ、何歳に見えるかと聞いたところ、バナナなどは影響がなかったが、グレープフルーツでは約6歳若く見られたという。

 そのほか、記憶力を高めるローズマリー、強心剤としての効能があるクスノキ、端午の節句に飾られるショウブには心疾患の他、抗がん作用も注目されているそうだ。

 さて気になるのは、現在蔓延(まんえん)している新型コロナウイルスに効果のある香りはあるのか、ということだ。つまようじに使われるクロモジから抽出したクロモジエキスにはインフルエンザウイルスを不活性化し増殖を抑える作用が報告されている。またユーカリの香りを含む成分をウイルスに感染した細胞に与えると90%以上の減少をもたらした。ヒノキの香りの成分ヒノキチオールはすでに結核菌に効能があることは知られていたが、2005年、日本の会社がヒノキチオールがコロナウイルスの感染・増殖を抑えたと報告した。しかし、新型コロナウイルスでの治験は行われていないという。 

 ワクチン対策では大きく出遅れている日本、身近な植物の効能の研究を進めて活路を見いだしてもらいたい。 <狸>

(山と溪谷社 1430円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード