「理不尽ゲーム」サーシャ・フィリペンコ著 奈倉有里訳

公開日: 更新日:

 高校生のツィスクは、豪雨で地下鉄の入り口に避難した群衆に巻き込まれて意識を失った。昏睡状態のツィスクに、祖母は音楽を聴かせたり、熱い風呂に入れたりして刺激を与え、目覚めさせようとするが、効果はない。主治医は、ツィスクには死という終着点しか残されていないと言う。

 男性国民全員の指紋を採るため、警察が昏睡状態のツィスクの指紋を採っていった。10年後、ツィスクは奇跡的に目覚める。壁に掛かっている大統領は10年前と同じ人物だった。ノートパソコンを見せられ、6時になるとネットが遮断されると教えられた。目覚めたら、祖国は独裁国家になっていたのだ。

 少年の目を通してディストピアと化したベラルーシを描く。

(集英社 2310円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る

人気キーワード