「すごい!へんてこ生物<ヴィジュアル版>」NHK「へんてこ生物アカデミー」制作班監修

公開日: 更新日:

 現代人から見ると、うらやましく映るのがナマケモノ。1日に20時間も眠り続け、動く時は平均時速900メートル。変温動物で自分の体温を調節できないため、日中の体温は36度だが、夕方には33度になってしまう。

 だが、エネルギー消費が少ないので、1日数枚の葉っぱを食べれば十分。ジャングルの木の上で生活して、1週間に1度、排便のために木から下りる。そのフンにクリプトセスという蛾が卵を産み、孵化(ふか)するとナマケモノの毛の中にすみつく。その蛾がナマケモノの毛の上にフンをすると、それを栄養分として藻が成長する。ナマケモノは自分の毛に生えた藻を食べて生きるという、究極の自給自足生活をしているのだ。

 ほかに、捕食者の目を逃れるためにヘビの頭そっくりに擬態するイモムシなど、奇妙だけれど合理的な生物の生態を紹介。

(祥伝社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る

人気キーワード