「これからの時代を生き抜くための生物学入門」五箇公一著

公開日: 更新日:

 生物の性には「有性生殖」と「無性生殖」の2種類があり、日常で目にする生物や植物は圧倒的に有性生殖が多い。有性生殖のメリットは、個体同士で遺伝子を交換して新しい遺伝子セットを生み出せば、その中から環境の変化に適応できる個体が生き残れることにある。

 ところが、進化の過程で有性生殖をやめたと思われるのがガブリダニだ。オスはメスと交尾して受精させるが、受精卵が育つ過程でオスの精子の遺伝子は溶けてなくなる。ガブリダニのオスが少ないのは安定した環境下では無駄飯食いのオスは不要、ということを意味している。実は生物という観点からは男性の草食化も同じ。生活資源を女性がひとりで獲得できれば、強いだけの男は不要になる。つまり、男性の軟弱化は社会環境の変化に順応した結果といえるのだ――。

 人間の差別やいじめ問題、LGBTに対する考え方など、ウィズコロナ時代を生き抜くためのヒントを生物学を通して探った面白読み物。「生物学と未来」の章では新型コロナウイルスについて言及。その特性を分析しながら、ウイルスを制することができるか否かは人間が持つ特異的な「利他行動」がとれるかにかかっている、という一言にはっとする。

(辰巳出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る

人気キーワード