「波の上のキネマ」増山実著

公開日: 更新日:

 俊介は、祖父が兵庫県尼崎市の立花で始めた映画館「波の上のキネマ」を継いだ。しかし、経営は火の車で不動産屋から売却を持ち掛けられている。

 かつて尼崎だけで40館近くあった「町の映画館」もシネコンに押され、わずか2館だけ。かつては経費削減のため、フィルムを他の映画館と共有して上映していたこともあったらしい。

 しかし、デジタル化の時代、工夫できることはもうない。年内で69年の歴史にピリオドを打つと決めた俊介は、最後になぜ沖縄出身の祖父が尼崎で映画館を開いたのかを調べようと思いつく。

 そんな中、閉館を伝える記事をネットで読んだという台湾人の劉という人物から電話がかかってくる。

 西表島のジャングルに実在した映画館にヒントを得て描かれた感動作。

(集英社 968円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  6. 6

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る

人気キーワード