「レイシズムとは何か」梁英聖著

公開日: 更新日:

「レイシズム」は、「人種差別」「人種主義」と訳されるが、著者は「人種差別を引き起こすチカラ」と定義する。レイシズムとは「ありもしない人種をつくり上げ、人間を分断する人種化を行う。人口にとっての生物学的危険として、劣等人種をつくり上げ、社会防衛を掲げて、その人種を排除し、最終的には殺そうとする」ことだという。

 生物学上、遺伝的な意味で人種は存在しないことが定説になっている。つまり、人種が存在した上で人種差別が起こるのではなく、人種差別という実践や慣習があるからありもしない人種がつくられるのだと指摘。

 近代のレイシズムの歴史を振り返りながら、レイシズムとは何か、そして日本社会にも確かに存在するレイシズムについて解き明かしたテキスト。

(筑摩書房 1034円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る

人気キーワード