「ロヒンギャ 差別の深層」宇田有三著

公開日: 更新日:

 3年前の夏、70万人を超えるロヒンギャの人々が、ミャンマーから隣国バングラデシュへ逃れたニュースが世界中に流れた。

 軍事独裁国家から民政移管され、民主化活動家のアウン・サン・スー・チー氏が国家指導者となったミャンマーでの出来事に注目が集まり、国際社会には当初、彼女が問題解決に積極的に取り組むだろうとの安易な期待があった。しかし、解決の道は遠く、祖国に帰れぬままの難民たちは、今も苦渋の生活を強いられている。

 そもそも、ロヒンギャ難民のバングラデシュへの流出は、これまでも軍政時代の1978年に約20万人、そして同じく1991年に約25万人と、2回起きており、3年前に突然始まったわけではない。

 本書は、軍政時代の1993年から潜入取材を続け、ミャンマー全土を踏破したフォトジャーナリストが、ロヒンギャの人々が置かれた構造的差別の実態を伝えるフォトリポート。

 ロヒンギャは世界で最も虐げられている少数者と呼ばれる。なぜなら紛争国を脱出した難民とは異なり、ロヒンギャはミャンマーで国籍を剥奪された無国籍者だからだ。

 また、ロヒンギャ問題は、民族問題のひとつとみられがちだが、彼らが求めてきたのは「民族としてのロヒンギャ」ではなく、「ムスリム(イスラム教徒)としてのロヒンギャ」だという。

 彼らが迫害を受けるようになった問題の根底にあるのは、実は半世紀続いたミャンマーの軍事独裁政権が、上座部仏教徒が多数派を占める社会で、その権力基盤を強化するために、人々のイスラムに対する差別的な潜在意識を刺激してつくり出した政策だという。

 そうしたロヒンギャ難民が生まれた複雑な背景や歴史を、写真とともに解説してくれる渾身作。

(高文研 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

  3. 3
    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

  4. 4
    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

  5. 5
    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

もっと見る

  1. 6
    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

  2. 7
    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

  3. 8
    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

  4. 9
    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

  5. 10
    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

人気キーワード