「対岸の家事」朱野帰子著

公開日: 更新日:

 詩穂は、14歳で母を失って以来、すべての家事をこなしてきた。父は、それが当然のような態度で、一度も代わって家事をすることはなかった。

 高校卒業を機に、詩穂は父に黙って家を出て美容学校の寮に入る。美容師として働いていたときに出会った虎朗と結婚して、娘の苺を授かった詩穂は、仕事と家事の両立は自分には向いていないと、専業主婦となる。

 ママ友をつくりたいが、周囲は共働き世帯ばかりで孤独を感じる。マンションの隣室に暮らす共働きの礼子は、当初はそんな詩穂を時代遅れだと感じていたが、2人の子育てに疲弊し、最近では限界を感じている。そんな中、詩穂は公園で育児休業中の官僚・中谷と知り合う。

 育児や家事を担う人が抱える孤独をそっと癒やしてくれる長編小説。 (講談社 924円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

もっと見る

人気キーワード