「絶望に寄り添う聖書の言葉」小友聡著/ちくま新書

公開日: 更新日:

 今から20年前、2002年の年末を評者は東京拘置所の独房で過ごしていた。この年の5月、鈴木宗男事件に連座して東京地検特捜部によって逮捕され、勾留されていたからだ。冷暖房のない独房での生活は厳しかった。

 評者は「接見等禁止措置」が付されていたので、弁護人以外との面会や手紙のやりとりは家族を含め認められず、新聞・雑誌も購読できなかった。

 このときにいちばんの支えになったのが弁護人に差し入れてもらった聖書だった。危機的状況で読むと聖書の言葉が生き生きとしてくる。聖書でなく、仏典や論語でも同じ効果を得られるのだと思う。

 小友聡氏は聖書学者(東京神学大学教授)であるとともにプロテスタント教会の牧師だ。聖書の言葉が人間に与える力をよく認識した上でこの本を書いている。新約聖書の「ルカによる福音書」には、神が不正に蓄財した管理人をほめるという不思議な話がある。この話を小友氏は、第2次世界大戦勃発時にリトアニアで外務本省の指示に反してユダヤ人にビザを発給した杉原千畝領事代理の決断の事例に即して読み解く。
<彼がロシア正教のキリスト者であったことも関係しているでしょう。杉原は免職になりますが、戦後、多くのユダヤ人たちから「命の恩人」として慕われ、「偉大な外交官」と称賛されました。/なぜ杉原はあえて不正を犯したのか。それは、当時ユダヤ人が生存の危機に瀕し、まさしく終末的な事態にあったからです。杉原はそこで通常の秩序ではありえない行動をとりました。この行動は、先ほど紹介した聖書の喩え話の実例として説明できるのではないでしょうか。「不正の富で友達を作りなさい。そうすれば、富がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる」という逆説的な表現は、この杉原に当てはまるように思われます。>

 現代的に言うと、不正とは命令違反で、組織に属する人があえて命令違反を行うことが、不条理な状況から抜け出すために不可欠ということだ。慶応義塾大学商学部の菊澤研宗氏は「逆らう部下が組織を伸ばす」と指摘するが、それと同じ内容が聖書にも記されているのだ。 ★★★(選者・佐藤優)

(2022年12月2日脱稿)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ