夢幻的な砂漠の映像を心理描写に生かした続編

公開日: 更新日:

「デューン 砂の惑星 PART2」

 シリーズものの映画には2種類がある。ひとつは、主役などは同じだが毎回の筋は独立した「1話完結型」。代表が007だ。もうひとつは連続したストーリーでキャラクターの運命が変転する「大河小説型」。こちらはスター・ウォーズが典型だろう。

 今週末公開の「デューン/砂の惑星PART2」は後者の最新作である。

 原作はF・ハーバートの「砂の惑星」シリーズ。初のエコロジーSFとされる思弁的な小説で映画化は不可能とされた。40年前にD・リンチ監督による映画化作品も中途半端な失敗作だ。

 今回はカナダ人のドゥニ・ビルヌーブ監督が3年前にリメークした「DUNEデューン/砂の惑星」の続編だが、これが“つなぎ”の映画としてなかなかいい。実は筆者は複雑な設定の説明でもたついた第1作に失望して今回の「PART2」も期待してなかったのだ。ところが説明の手間がなくなった今作ではアブダビやヨルダンでロケした夢幻的な砂漠の映像を心理描写に生かす余裕まで見せて、映画館での鑑賞にたえる出来になった。

 3時間に届く長尺でクローズアップが多い割に疲れないのも配信の時代らしい小技のおかげだろう。

 原作の重厚な政治劇や哲学的な問いに迫るような深みはないが、つなぎの映画は起承転結でいえば承と転の混ぜ具合が肝心。そんな娯楽作家の職人技という点で「ゴジラ-1.0」と案外似ているのである。

 映画の続編については押井守著「映画の正体 続編の法則」(立東舎 2200円)が無類に面白い。映画をだしに時事放談や裏話をつれづれに語るシリーズ企画の一冊だが、これが群をぬいて面白いのは著者自身がアニメと実写の監督で多数の続編や企画に関わったからだろう。プロデューサー視点の続編論など、あるようで意外にないのである。

<生井英考>

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状