パリ郊外の移民団地をめぐる行政と住民の闘い

公開日: 更新日:

「バティモン5 望まれざる者」

 四半世紀近く前、スウェーデンで移民排斥の調査をしたことがある。ある自治体が移民排斥の条例を決議したのを政府が強引に止めに入ったのだ。表面的な観光イメージとは裏腹に重工業が盛んなスウェーデンは、早くから底辺労働者を欧州域外から吸い寄せてきたのだった。

 あれから月日が流れ、グローバル化全盛だった昔は見逃された移民問題がいま、欧米全体で燎原の火のように広がっている。

 今週末公開の「バティモン5 望まれざる者」は、この現実を材にしたフランス映画。

 パリ郊外の「バンリュー」と通称される移民団地の再建問題に向き合うことになった若手市長ピエール。本業は小児科医で穏健清廉だが、政党内で汚れ仕事を押しつけられた経緯もあって次第に高圧化する。他方、団地住人の若いアビーは強制的な立ち退き措置に反発して市長選に立候補。ピエールらの主流社会と真っ向から対決していく。

 監督のラジ・リは旧仏植民地のマリから3歳でバンリューに移り住んだ事実上の2世。清掃夫の父の苦労を見て育ち、20代で移民差別のドキュメンタリーを製作。本作は劇映画2作目だが、解決策なき移民問題を半端に扱うことなく堂々たるリアリズムを貫く。

 アビー役の黒人女性アンタ・ディアウと並ぶ市長役のアレクシス・マネンティがいい。善良で良識あるリベラル小市民が人種の絡む社会問題で態度を硬化させていくさまを演じて、きわだった存在感だ。

 ヴィクトール・ユゴー著「レ・ミゼラブル」(全5巻 平凡社 1650円~)はその昔「ああ無情」と訳題された貧困と差別の古典的長編。しかし、話はいまや人畜無害のミュージカルになり果てている。実はラジ・リの前作が「レ・ミゼラブル」。時は現代、舞台はバンリューと、いわば題名だけ本歌取りした力作。そこから本作へと現代の差別貧困譚はさらに成長したのである。<生井英考>

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず