「美し、をかし、和名由来の江戸魚図鑑」田島一彦著、中江雅典監修

公開日: 更新日:

「美し、をかし、和名由来の江戸魚図鑑」田島一彦著、中江雅典監修

 寿司に欠かせないマグロの漁が始まったのは縄文・弥生時代だという。平安時代の歌人・紫式部や和泉式部の好物はイワシだったが、宮中ではその名を呼ぶのさえ避けられていたそうで、人目を忍んで食べていたとか。

 日本人は古くから、魚に親しみ、観察し、その名前や姿を記してきた。

 本書は、江戸時代の代表的な博物画家・毛利梅園(1798~1851年)が描いた魚の図譜を紹介しながら、それぞれの和名の由来を解説した図鑑。

 例えば春に産卵のため接岸するので「春告魚」などとも呼ばれる「鰊(ニシン)」。室町以前の風土記にも登場する日本人にはなじみのある魚だ。

 和名のニシンの由来は、両親の長寿を祈って食べる魚であったという説のほかにも、父親と母親を意味する「二親」説、身を2つに割いて干していたことから「二身」などがあるそうだ。

 今が旬の「鱸(スズキ)」の和名の由来は、容姿にちなんでいる。「すすぎ洗いをしたように白く美しい」説、「口が大きい割に尾の小さな魚」と見なされ、小さいことを表す古語「すず」を語源とする説などがある。

「平家物語」には平清盛の船に鱸が飛び込んできた後に天下をとったと記され、鱸は出世を象徴する魚と言われてきた。

 その引きの強さから「磯の王者」と呼ばれ釣り人憧れの「石鯛」は、老成すると80センチに達する個体もある。

 その頑丈な歯と顎で、貝類や甲殻類などの硬い殻を持つ生き物をかみ砕いて食べる習性から「石をもかみ砕く歯を持つ魚」の意でこの名前がついたといわれるという。

 以後、その魚が日本で旬を迎える季節ごとに分けて、94種のお馴染みの魚を解説。

 面白くて、食卓や寿司屋のカウンターでついウンチクを語ってしまいそう。 (パイ インターナショナル 3080円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで