「秘宝館という文化装置」妙木忍著

公開日: 更新日:

 秘宝館とは、セックスシーンを再現した等身大人形や、性器の模型などを展示する性愛をテーマにした博物館。全国に少なくとも20館はあったという秘宝館だが、90年代以降に衰退し、今や開館しているのはわずか2館のみで、その存在は風前のともしびともいえる。

 本書は、「昭和の文化遺産」などと称されるこの日本独自の遊興空間を、さまざまな観点から学術的に考察した異色の研究書。

 遠野物語に出てくる「山崎の金勢様」などの信仰対象や、各地の神社の奉納物など、「性の観光化」は古くからあるが、三重県に日本で初めての秘宝館「元祖国際秘宝館伊勢館」ができたのは1972年と、意外にもその歴史は浅い。

 2007年に閉館した同館だが、最盛期には年間27万人もの入館者があり、展示面積6000平方メートルのタージ・マハルを模した建物内に、約1万点もの展示物があったという。さらに、81年には姉妹館も2館、開館している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る