日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「秘宝館という文化装置」妙木忍著

 秘宝館とは、セックスシーンを再現した等身大人形や、性器の模型などを展示する性愛をテーマにした博物館。全国に少なくとも20館はあったという秘宝館だが、90年代以降に衰退し、今や開館しているのはわずか2館のみで、その存在は風前のともしびともいえる。

 本書は、「昭和の文化遺産」などと称されるこの日本独自の遊興空間を、さまざまな観点から学術的に考察した異色の研究書。

 遠野物語に出てくる「山崎の金勢様」などの信仰対象や、各地の神社の奉納物など、「性の観光化」は古くからあるが、三重県に日本で初めての秘宝館「元祖国際秘宝館伊勢館」ができたのは1972年と、意外にもその歴史は浅い。

 2007年に閉館した同館だが、最盛期には年間27万人もの入館者があり、展示面積6000平方メートルのタージ・マハルを模した建物内に、約1万点もの展示物があったという。さらに、81年には姉妹館も2館、開館している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事