日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“あま女優”もいろいろ…美少女ロボットに化けた水瀬いのり

 23日、アニメ「ロボットガールズZ」完成披露イベントが開かれ、声優を務めた本多真梨子(年齢非公表)、水瀬いのり(18)、荒浪和沙(25)らがコスプレ姿で登場した。

 永井豪原作のマジンガーシリーズを美少女キャラ化した作品で、「Zちゃん」(本多)、「グレちゃん」(水瀬)、「グレンダさん」(荒浪)たち「チームZ」の面々が、地下帝国の「あしゅら男爵」たちを倒すという展開だ。

 水瀬はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に、アメ横女学園のメンバー役で出演。ベイビーレイズとともに劇中歌「暦の上ではディセンバー」を熱唱するなど、注目の若手有望株だが、「グレちゃん役と聞いて、わたしの記憶が違わなければあれだよなと思って、某サイトで画像検索をしてみたらロボットが出てきて。<女の子じゃない!>と思っていたら、資料に擬人化と書いてありました」とコメント。「あまちゃん」での実績がチャラにならなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事