“あま女優”もいろいろ…美少女ロボットに化けた水瀬いのり

公開日:  更新日:

 23日、アニメ「ロボットガールズZ」完成披露イベントが開かれ、声優を務めた本多真梨子(年齢非公表)、水瀬いのり(18)、荒浪和沙(25)らがコスプレ姿で登場した。

 永井豪原作のマジンガーシリーズを美少女キャラ化した作品で、「Zちゃん」(本多)、「グレちゃん」(水瀬)、「グレンダさん」(荒浪)たち「チームZ」の面々が、地下帝国の「あしゅら男爵」たちを倒すという展開だ。

 水瀬はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に、アメ横女学園のメンバー役で出演。ベイビーレイズとともに劇中歌「暦の上ではディセンバー」を熱唱するなど、注目の若手有望株だが、「グレちゃん役と聞いて、わたしの記憶が違わなければあれだよなと思って、某サイトで画像検索をしてみたらロボットが出てきて。<女の子じゃない!>と思っていたら、資料に擬人化と書いてありました」とコメント。「あまちゃん」での実績がチャラにならなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る