坂口憲二には雑音も…1月期“好調連ドラ”最後に笑うのは?

公開日:  更新日:

 やや低調な今期連ドラの“勝ち組”がそろそろ見えてきた。

 視聴率が初回から右肩上がりなのは、テレビ朝日の「緊急取調室」と、フジテレビの「医龍4」だけだ。「緊急――」は、天海祐希(46)演じる叩き上げの女刑事が、ひと癖もふた癖もある犯人をあの手この手で落としていくという、地味と言えば地味な密室刑事ドラマ。

「テレ朝の“ヒットの方程式”にうまくはまった感じですね。水谷豊主演の『相棒』シリーズのように若者ウケは狙わず、多少ベタな内容でも中高年が安心して見られるドラマを丁寧に作っています。天海は演技がワンパターンと言われますが、むしろそれがドラマ全体の安定感を生んでいる。かつての視聴率女王の面目躍如でしょう」(芸能ライター)

 23日放送の第3話は、平均16.1%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)で、瞬間最高は19%台。今後さらに数字を伸ばしていく可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る