坂口憲二には雑音も…1月期“好調連ドラ”最後に笑うのは?

公開日: 更新日:

 やや低調な今期連ドラの“勝ち組”がそろそろ見えてきた。

 視聴率が初回から右肩上がりなのは、テレビ朝日の「緊急取調室」と、フジテレビの「医龍4」だけだ。「緊急――」は、天海祐希(46)演じる叩き上げの女刑事が、ひと癖もふた癖もある犯人をあの手この手で落としていくという、地味と言えば地味な密室刑事ドラマ。

「テレ朝の“ヒットの方程式”にうまくはまった感じですね。水谷豊主演の『相棒』シリーズのように若者ウケは狙わず、多少ベタな内容でも中高年が安心して見られるドラマを丁寧に作っています。天海は演技がワンパターンと言われますが、むしろそれがドラマ全体の安定感を生んでいる。かつての視聴率女王の面目躍如でしょう」(芸能ライター)

 23日放送の第3話は、平均16.1%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)で、瞬間最高は19%台。今後さらに数字を伸ばしていく可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る