• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

坂口憲二には雑音も…1月期“好調連ドラ”最後に笑うのは?

 やや低調な今期連ドラの“勝ち組”がそろそろ見えてきた。

 視聴率が初回から右肩上がりなのは、テレビ朝日の「緊急取調室」と、フジテレビの「医龍4」だけだ。「緊急――」は、天海祐希(46)演じる叩き上げの女刑事が、ひと癖もふた癖もある犯人をあの手この手で落としていくという、地味と言えば地味な密室刑事ドラマ。

「テレ朝の“ヒットの方程式”にうまくはまった感じですね。水谷豊主演の『相棒』シリーズのように若者ウケは狙わず、多少ベタな内容でも中高年が安心して見られるドラマを丁寧に作っています。天海は演技がワンパターンと言われますが、むしろそれがドラマ全体の安定感を生んでいる。かつての視聴率女王の面目躍如でしょう」(芸能ライター)

 23日放送の第3話は、平均16.1%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)で、瞬間最高は19%台。今後さらに数字を伸ばしていく可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る