世界卓球でも目立った「絶叫解説」がはびこる裏事情

公開日:  更新日:

 そのくらい力を入れ、石川佳純を福原愛以上の、松平健太(マツケン)を羽生結弦的なスターに仕立て、卓球を人気コンテンツにしたいらしいが、放送内容には褒められない点もある。盛り上げるためなのか、解説が単なる応援になっていた。

■テレビ局からの指示が

 日曜の女子準決勝の解説では相手が点をとると、「こっから、こっから! こっから!」、日本に点が入ると、「イヤー!! すばらしい!」と絶叫。平野が大逆転した試合の後半では「いいよ、いいよ」「気持ち、気持ち!」「大丈夫、大丈夫」とばかり連呼し、完全に解説をやめてしまった……。

 この手の熱狂声援になるのは、解説者だけが悪いわけではない。国際試合がなかった野球ではWBC開催の際、盛り上げるため点が入ると解説者が「よっしゃ!」「OK!」と感情的に叫んでいたが、そうしろとテレビ局から指示されていたこともあったという。解説者は仕事が欲しいし、局とつながりがあれば拒否できない。

 テレビは、こういう解説が逆効果で視聴者をシラケさせているとわからなければ、卓球など地味なスポーツを人気コンテンツにはできないだろう。

(松野大介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る