女優・吉沢京子が感謝する故・勝新太郎からの“大人扱い”

公開日: 更新日:

「町娘には町娘、女郎には女郎の指の動きや身のこなし方がある。そこに注意しな」「目で芝居のできる役者にならなきゃダメだよ」「芝居ってぇのは、セリフや顔の表情だけじゃないんだ。指、肩、足、腰の動き、体全部で表現しなくちゃならねえんだ」「芸事はまず形から」……。

 17年前に亡くなられた勝新太郎さんには、女優を続ける上で教えていただいたことがたくさんあるんです。

 初めてお仕事をしたのは72年9月公開の「新座頭市物語 折れた杖」でした。これは座頭市シリーズの24作目にあたる勝さんの初監督作品。太地喜和子さん演じるヒロインが働く女郎屋の禿(見習)役をいただきました。

 ロケは、京都府の日本海に面した丹後町間人(現・京丹後市)で行われ、私は東京や京都での仕事の合間を縫って、延べ7日ほど行ったかしら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る