日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女優・吉沢京子が感謝する故・勝新太郎からの“大人扱い”

「町娘には町娘、女郎には女郎の指の動きや身のこなし方がある。そこに注意しな」「目で芝居のできる役者にならなきゃダメだよ」「芝居ってぇのは、セリフや顔の表情だけじゃないんだ。指、肩、足、腰の動き、体全部で表現しなくちゃならねえんだ」「芸事はまず形から」……。

 17年前に亡くなられた勝新太郎さんには、女優を続ける上で教えていただいたことがたくさんあるんです。

 初めてお仕事をしたのは72年9月公開の「新座頭市物語 折れた杖」でした。これは座頭市シリーズの24作目にあたる勝さんの初監督作品。太地喜和子さん演じるヒロインが働く女郎屋の禿(見習)役をいただきました。

 ロケは、京都府の日本海に面した丹後町間人(現・京丹後市)で行われ、私は東京や京都での仕事の合間を縫って、延べ7日ほど行ったかしら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事