紅白落選に強がり…浜崎あゆみ“オワコン”扱いの厳しい現実

公開日: 更新日:

 かつての歌姫の姿はどこにもないが、音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏はこう話す。

「今年は『アナ雪』が大ヒットし、同じくエイベックス所属のMay J.の出場が有力視される中、『浜崎あゆみをどうする』『どちらかは落ちる』とずっといわれていました。浜崎は今年もヒット曲がない。『みんなで歌おう』というのが紅白のテーマだから、『アナ雪』が断然有利なのも仕方ないでしょう。本人も分かっていると思います。どんなに売れた歌手でもずっと紅白に出続けるのは難しく、中森明菜松田聖子安室奈美恵も落ちたことがある。今後はプロデュース業にも力を入れるのではないでしょうか」

「前向きなサヨナラ」は“オワコン”の烙印を押された浜崎なりの精いっぱいの負け惜しみか、強がりにしか聞こえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る