• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1億円に減資で「中小企業化」 名より実を取る吉本興業の狙い

「笑いの総合商社」がまさかの「中小企業」となる。9月1日付で吉本興業が事業の元手となる資本金を約125億円から1億円に減資することが判明。資本金が1億円以下になった場合、「中小企業」とみなされるため、法人税や法人事業税の負担を軽くする狙いがあるという。

 今年5月、同じ手法で経営再建中のシャープが税制上の優遇措置を狙って実施をもくろむも、政府などから批判の声が噴出し、大企業とみなされる5億円の減資にとどめたという“前科”があるが、カネには何かとうるさいイメージの吉本。同社の広報部は「中長期的な投資を目指した戦略の一環。(資本金は)これまでやってきたプロジェクトやイベントに費やしていく」というが、どんな狙いがあるのか。

「シャープは税金を安くするのが狙いでしたが、今回の吉本興業の場合、税制優遇というよりは赤字の解消が一番の目的だと思います。資本金を取り崩した分だけ赤字も減るので、手っ取り早い。大手になると、資本金はため込むよりも投資に利用する企業も多いので、決して珍しい話ではありません。特に吉本興業の場合、生産しているものの中心は『笑い』という形のないもので、赤字になったり中小企業になったからといって『お笑い』がなくなるワケではないので、影響は少ない。それだけに、減資という選択も思い切りやすかったと思います。今回の減資で芸人さんのギャラが減るというようなこともないでしょう」(東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る