サンズ野田会長を宗旨替えさせた 岡田サリオ“非巨乳”の魅力

公開日:  更新日:

「ちょっとさあ、いいコがいるんだよ。取材しに来てよ。……巨乳じゃないんだけどさ」

 電話の向こうの声の主は巨乳軍団の総帥「サンズエンタテインメント」野田義治会長(69)。イエローキャブ時代はかとうれいこ、細川ふみえ、小池栄子、佐藤江梨子、MEGUMIなどを輩出した名伯楽がいま、猛プッシュしているタレントが岡田サリオ(21)。

 たしかに、身長160センチ、B82・W58・H95と、かつての軍団メンバーに比べるとバストサイズは寂しいが、「彼女の魅力は胸じゃなくてケツ。ムチムチで肉感的な尻だね。両親が日本人とスペイン系フィリピン人というハーフで、クラシックバレエを長い間やってたから体で何でも表現できるのが取りえ。二重関節(先天的に関節の可動域が広い)だからY字バランスどころかI字バランスができるほど体が柔らかいんだよ」と、野田会長をして乳から尻へ宗旨変えさせるほどのインパクトなのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る