• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
タブレット純
著者のコラム一覧
タブレット純歌手・芸人

1974年、神奈川県出身。27歳の時、ムード歌謡の老舗グループ「和田弘とマヒナスターズ」にボーカルとして加入、和田氏の逝去まで2年間在籍。ソロに転じた後、2011年、新ジャンル演芸「ムード歌謡漫談」でお笑い界に進出。

<第1回>リーダーの和田弘さんから突然呼び出され…

 あ、あの……タブレット純と申します。ムード歌謡漫談といいまして、ギターを弾きながら往年のムード歌謡調の歌ネタをやっています。もしかしたら、テレビでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。野太い声で中学の入試問題を読んでいたかと思うと、突然人が変わったように♪そんなことより気になるの~♪と歌い出すという……。

 子供の時から極端に内向的な性格で、古い切手を集めたり、一人で漫画を描いてばかりいました。その頃、家には親戚がくれた水原弘さんや小椋佳さんといった人たちのベスト選カセットがあり、自分が生まれる前の曲なのになぜか耳に心地よくて、毎日のように聴き込んでいたんです。

 あれは小5の時だったでしょうか、ふと耳にしたラジオの懐メロ番組で、和田弘とマヒナスターズの往年のヒット曲「泣きぼくろ」が流れ、魂を揺さぶられるような衝撃を受けました。かっこいい大人の世界が全部詰まっている、自分が今まで聴いてきた中で最高峰の音楽だと。以来、マヒナのとりこになり、やがてムード歌謡全体に興味を持つように。子供のくせに中古盤屋に通っては、1枚10円とか100円のムード歌謡レコードを買い漁っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事