日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「海難1890」から95年後 トルコと日本の“友好”逸話

 ロシア軍機がトルコに撃墜され、両国の関係は修復できない状態が続いている。日本にとってはトルコとロシアのどちらが親近感がある国かというと、やはり親日国として知られるトルコではないだろうか。

 そんなトルコと日本のそもそもの関係を描いた作品が今日(5日)から公開される。「海難1890」がそれだ。タイトルの「1890」は1890年のこと。明治になって20年以上が過ぎた時だが、この年にオスマン帝国の親善訪日使節団がはるばる船でやってきた。

 その帰途、台風に見舞われて、和歌山県櫛野崎(現・串本町)の沖で船が大破して沈没する。乗組員は600人以上。そのうち500人以上が海に投げ出されて、死亡する。そんな中、69人が地元住民の献身的な救助活動で助かったが、当時は世界最大規模の海難事故といわれたとか。これが日本とトルコの友好関係の原点で、この美談がトルコの教科書でも取り上げられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事