映画「海難1890」から95年後 トルコと日本の“友好”逸話

公開日:  更新日:

 ロシア軍機がトルコに撃墜され、両国の関係は修復できない状態が続いている。日本にとってはトルコとロシアのどちらが親近感がある国かというと、やはり親日国として知られるトルコではないだろうか。

 そんなトルコと日本のそもそもの関係を描いた作品が今日(5日)から公開される。「海難1890」がそれだ。タイトルの「1890」は1890年のこと。明治になって20年以上が過ぎた時だが、この年にオスマン帝国の親善訪日使節団がはるばる船でやってきた。

 その帰途、台風に見舞われて、和歌山県櫛野崎(現・串本町)の沖で船が大破して沈没する。乗組員は600人以上。そのうち500人以上が海に投げ出されて、死亡する。そんな中、69人が地元住民の献身的な救助活動で助かったが、当時は世界最大規模の海難事故といわれたとか。これが日本とトルコの友好関係の原点で、この美談がトルコの教科書でも取り上げられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る