• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「海難1890」から95年後 トルコと日本の“友好”逸話

 ロシア軍機がトルコに撃墜され、両国の関係は修復できない状態が続いている。日本にとってはトルコとロシアのどちらが親近感がある国かというと、やはり親日国として知られるトルコではないだろうか。

 そんなトルコと日本のそもそもの関係を描いた作品が今日(5日)から公開される。「海難1890」がそれだ。タイトルの「1890」は1890年のこと。明治になって20年以上が過ぎた時だが、この年にオスマン帝国の親善訪日使節団がはるばる船でやってきた。

 その帰途、台風に見舞われて、和歌山県櫛野崎(現・串本町)の沖で船が大破して沈没する。乗組員は600人以上。そのうち500人以上が海に投げ出されて、死亡する。そんな中、69人が地元住民の献身的な救助活動で助かったが、当時は世界最大規模の海難事故といわれたとか。これが日本とトルコの友好関係の原点で、この美談がトルコの教科書でも取り上げられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る